92

-三重-

真珠をとる

まず、真珠は日本が発祥であること!

そして真珠は、アコヤ貝が自然につくり出す何かの玉ではないこと!
真珠をとりだす半年ほど前に、違う貝の貝殻でつくった「核」と呼ばれる丸い玉と、別のアコヤ貝から切り出した細胞を、真珠をつくるアコヤ貝に入れる作業があるということ!

貝の大きさ=真珠の大きさではないこと!
はずれもあり。まるで運試し。祭りのくじ引きを思い出しました。

真珠は生き物であること!
とりだした真珠は、大きさや色や光沢もさまざま。中にはキズやゆがみ、黒い点や角みたいなのが出ているものもある!ネックレスなど色形が揃ったものをつくろうと思うと、1万個くらい必要とのこと!

そして、最後にアコヤ貝の貝柱を刺身で食べるってこと!ハイシーズンである冬には、天ぷらも美味しいこと!

体験したからこそ分かった「知リポイント」大連発!真珠をとる体験でした!

(取材:知リ100近畿大使 石津大輔)

34.2735769136.79356110000006z4HFOYKagQ9c.k-iJOEznUYUQ

【体験場所インフォメーション】

真珠工房 真珠の里

三重県志摩市志摩町越賀1125-88

http://s-tamachan.net/