87 腐葉土にさわる

-新潟県-

そのさわりごこち

袋に入って売ってるものと思ってません?
腐葉土。秋や冬に落ちた植物の葉が蓄積し、自然界の虫や微生物の力を借りて、長い時間をかけて分解され、土のようになったものです!

さわるのは、国立妙高青少年自然の家の「森林体験」に参加した子たち!

曲がった木ばかり並んでいる!?
腐葉土がある「リスの森」は広葉樹の森。豪雪地帯特有の、雪の重みで曲がってしまった珍しいカタチの木が並んでいます。その木の下一帯が腐葉土になっています。

歩き心地は?
腐葉土の上を歩くと、「ふかっ」と足が沈む感触。ふかふかのポイントは木に近いところに多い。葉が多く堆積しているからかもと、先生はおっしゃってました。晴れた日がつづくと、もっとふかふかしているそうですよ!

36.914066999999996138.1951991hnS39vVKZJOB_IZQdOyw529LhwA

【体験場所インフォメーション】

国立妙高青少年自然の家

住所:〒949-2235 新潟県妙高市大字関山6323-2http://myoko.niye.go.jp/

体験を通して子どもたちの健やかな成長を!「体験の風をおこそう(国立青少年教育振興機構)」http://taikennokaze.jp/