73 ヒカゲヘゴにさわる

-沖縄県-

そのさわりごこち

夏のさわ〜るウィーク!
久しぶりの再登板!元知リ100沖縄大使の寺田綾さんが、夏の沖縄でさわりまくりました!記念すべき再登板一発目は、やっぱりコレ!旧知リ100沖縄でも大人気だったヒカゲヘゴ!

方言名「マヤーフィグ」といいます!
沖縄本島の北、やんばるの森では、よく見られる日本最大のシダ植物。マヤー=猫、フィグ=ヘゴ。新芽の様子が、猫が手招きしているように見えることから付いた名前です。

さて、さわりごこちは?
「モシャモシャ」いや、「ふぁさふぁさ」がぴったりでした。表面の「カチューブシ(カツオブシ)」のような物(鱗片)がすぐにハラリホロリと取れます。ワイルドな見た目とは裏腹に食べてもおいしいヒカゲヘゴ。ちなみにそのお味は?興味ある方はこちらからどうぞ!

(取材/特派員サワラー旧知リ100沖縄大使・寺田綾)

26.6825769127.9726275000000417yFTTvm1LJYywjm9svew45avbko

【体験場所インフォメーション】

沖縄県国頭郡今帰仁村