知リ100 知ったつもりにならないでリアルに体験した方がいい日本の100

94

-香川-

イルカと泳ぐ

ナ、ナス?ナスって茄子?
イルカの触り心地は何に似ていた?という問いに対する四国大使の答えは「ナスの外側」。 ツルッツルのスベッスベで、ずっと触っていたいくらい!だそうです。

香川県さぬき市にある、日本ドルフィンセンター。イルカは日本全国にいるけれど、たいていは水族館という名の施設にいますよね。でも、ここは施設の名前がドルフィンセンターなのです!イルカと触れ合えるさまざまなプログラムを実施していて、遠方からもたくさんの人が訪れる人気スポットです。

センターに着くとともに聞こえてくるイルカたちの鳴き声。もうそれだけでテンションが上ります。インストラクターの方のレクチャーを受けているときも、その後ろに控えているイルカたちが気になって気になって。水に入る頃には、大使たちはもうキュンキュン状態。

最初は、おそるおそるツンツンと触れて、慣れてきたらお腹をなでなで、背びれをスリスリしたり、顔を近づけたり、それはもう夢のような時間です。背びれにつかまったまま泳いでくれて、大感激!

この愛くるしい顔に、この触り心地。イルカセラピーなんていう言葉があるけれど、まさにそれ!こんなに癒やされていいの!?というくらい癒される体験なのでした。でもさ、そんなに癒されるんなら、ひょっとしてナスでも癒されるんじゃない?

(取材:知リ100四国大使 中村谷威之)

34.287954134.26775040000007z4HFOYKagQ9c.knrzf0k9A0io

【体験場所インフォメーション】

日本ドルフィンセンター

〒769-2402 香川県さぬき市津田町鶴羽1520-130

0879-23-7623

トップへ
※最新版のブラウザでご覧ください